ファスティングの正しい方法

ダイエットや美容のために、ファスティングを行う人が、日本でも増えているそうです。今までは、しっかり栄養を摂るのが美容に良いと言われてきたものが、食べる量を減らす事こそ美容に良いという考えが浸透すれば、ダイエットにもなるし一石二鳥ですから。

しかし、ファスティングが流行するにつれて、間違った方法でそれを行い、失敗してしまうケースも増えているのだとか。気をつけなければならないのはリバウンド。

では、ファスティングの正しい方法とは、どういったものなのでしょうか?

個人的には、ただ2~3日固形物を食べず、水や酵素ドリンクなどで過ごせば良いだけだと思っていたのですが、どうも違うそうなんです。なんでも、実際のファスティング期間に入る前に、最低でもそれと同じ日数の準備期間を設ける必要があるのだとか。

具体的には、食事メニューをカロリーが低い和食中心にすると共に、その量も少し減らすことで、ファスティングに入る前にある程度身体を慣らしておくんですね。

この準備を経ずにいきなりファスティングに入ると、栄養失調になったり、中途半端な所で空腹に耐えきれずドカ食いしてしまったりして、まったく効果が無いどころか、かえって逆効果で体に悪い結果となってしまうそうです。

また、ファスティング期間が終了した後も、胃に負担をかけないよう、重湯から普通の食生活に少しずつ戻していかなければいけないみたいです。ファスティングって、トータル的に考えると意外と大変なんですね。

サブページ